2015年 07月 06日

摩耶観光ホテルについて43(資料40)

資料紹介43 住宅地図における摩耶山 その2(1966-69)

地図1 『灘区 西部(観光と産業の神戸市住宅地図)』関西図書出版社、1966

 1966(昭和41)年発行の住宅地図による摩耶山。発行者は64(昭和39)年以前の神戸地学協会から関西図書出版社となっているが、これが現・ゼンリンの前身の一社である(神戸地学協会との関係は不詳)。地図は等高線を表現している点では64年版と同様だが、全体的には範囲を限定して、諸施設を大きめに表現している。内容的には、ケーブル摩耶駅周辺はマヤカンを含めて特に変化はないが、現在廃墟化している摩耶花壇の周辺は無記名の建物が一棟あるので、64年に見られたバンガロー村は表記されていない。天上寺周辺は門前の茶屋と思しき建物も含め特に変化はなく、「神戸高校 静嘿園」も記載されている。一方、山上(奥摩耶)地区では、「あじさい池」が新たに記載、その東側のマウントコースターをジェットコースターと表記、その北側にあったサマーハウス村(バンガロー村)の記載がなくなった等の変化が確認される。

地図2 『灘区 西部(観光と産業の神戸市住宅地図)』関西図書出版社、1968

 1968(昭和43)年発行の住宅地図による摩耶山。この68年の前年の67(昭和42)年は、摩耶観光ホテルが水害により営業を停止した年(映画『春日和』の撮影も行われた)であるが、神戸市立中央図書館には67年版は所蔵されてない。ただし灘区の東部版は67年版が存在する一方、逆に68年版は所蔵されていないことから、あるいは西部版の67年版は発行さていないとも考えられる。いずれにしろ前の66年版からこの68年版の間に、マヤカンに大きな変化があったはずであるが、地図には66年と変化なく「摩耶観光ホテル」と表記されている(厳密には建物の左上に「WC」(トイレ?)との表記が付加されている)。こうした状態はその後も継続し、先に紹介すると1995年、つまり阪神淡路大震災が発生した直後の版まで、住宅地図では一貫して摩耶観光ホテルと表記されつづけられているのである。これにはニつ、あるいは三つの可能性が想定できる。一つは、単なる未確認で、震災後に閉鎖状態であることを確認したというもの、もう一つには、正規のホテルの営業は停止したものの、摩耶学生センターという事実上の宿泊施設としての営業状態を考慮して、あえて以前の耶観光ホテルの名称で表記したという可能性である。おそらくは後者が正解だとは考えられるが、この68年から70年代前半までは、学生センターとしても営業していなかったはずで、これは未確認というより、閉鎖が一時的なものかどうか、先行きが不透明であったため、とりあえず以前の表記のままにしたとも考えられる。なお内容的にはあまり変化はないが唯一、ケーブル摩耶駅周辺に「喫茶MAYA77」という施設が新たな施設として確認される(詳細は不明)。

地図3 『灘区 西部』ゼンリン、1969

 1969(昭和44)年発行の住宅地図による摩耶山。発行者がゼンリンに変更になったものの、前述のとおり関西図書出版は同社の前身であることから、地図の表現は同一の形態となっている。内容的には以下のような変化が確認できるが、マヤカンを含め全体的には大きな違いはない。
 ケーブル摩耶駅周辺:それまで「チエンタワー」と表記された部分が、ここでは「子供スポーツカー乗り場」と変更、また「大阪チタニューム山の家」と表記された2つ建物の内、一つが単に「山の家」、もう一つは「大阪税関芦屋市職員互助会」との表記となっている。このうち前者に関して、ケーブル会社の社史『六甲山とともに五十年』の年譜によれば、69年4月25日に「まやケーブル遊園地に子供用スポーツカー設置 スポーツカー10台(ロータリー、車庫工事)」と記載されているので、これを示していると思われる(タワーについての記載なく、いつ撤去されたか不明)。後者は、そそらくバンガロー的な建物の所有者・管理者が変更になったものと考えられる。また現・摩耶花壇は、これまで無記載であったが、ここでは「アキヤ」と表記されている。
 天上寺周辺:これまで無記名の建物はいくつか記載されていたが、ここでは「護摩堂」「休憩所」「鐘楼」と記載され、さらに個人名の建物が分割され、一つ「二重塔」(多宝塔)と表記されている。
 山上(奥摩耶)地区:「マヤ山上駅」にあった「食堂」「マヤ山派出所」の記載がなくなり、代わって「2Fレストラン十字路」と表記され、またあじさい池の東側に「野外ステージ」が付加、またその北側の個人名だった建物が「神戸市交通局係員詰所」、駅西方の「ユースホステル奥摩耶ハウス」が「市立摩耶高校市立御影工高奥摩耶ハウス」、そして旅館「奥摩耶山荘」の部分が「奥摩耶国民宿舎(仮名)建設中」と、それぞれ名称が変更されている。このうち奥摩耶山荘に関して、先の社史の年譜によれば、この翌70年4月11日に「国民宿舎神戸摩耶ロッジ」が開業していることから、この時期には奥摩耶山荘は営業停止、建物も撤去され、摩耶ロッジの建設が開始されていたことを確認できる。
 追記:個人名についてはすべて修正した。

# by nk8513 | 2015-07-06 17:01
2015年 06月 08日

摩耶観光ホテルについて42(資料39)

資料紹介42 住宅地図における摩耶山 その1(1956-64)

 今回から数回に分けて摩耶山周辺を記載した住宅地図を紹介する。これらは神戸市立中央図書館に所蔵されているものである。最初は神戸地学協会が発行していた「神戸市全産業住宅案内図帳」の灘区版である。ここでは、1956(昭和31)年版、58(昭和33)年版、64(昭和39年)年版の3点を紹介する。

地図1 『神戸市全産業住宅案内図帳 灘区』神戸地学協会、1956

 1956(昭和31)年発行の住宅地図による摩耶山。地図はケーブル・ロープウェー摩耶駅(摩耶山中腹)付近、ロープウェー奥摩耶駅(摩耶山上)周辺、ケーブル摩耶駅から旧・天上寺周辺に3分されている。いずれも施設のみを簡略に描いている程度であるが、当時の状況を細部まで確認できる。ちなみにこの地図が発行される前年の55(昭和30)年には休止してしたケーブルが運行再開、さらに山上地区(奥摩耶)へ通じる奥摩耶ロープウェーが営業開始している。摩耶山が再活性化し始めた時期にあたっている。
 このうち、現在も廃虚として残存している「摩耶花壇」は、周囲に「バンガロー村」とともに記載されている。ただケーブル会社の社史『六甲山とともに五十年』の年譜によれば、1957(昭和32)年7月に「まやケーブル遊園地下にバンガロー村開設」と記載されているが、おそらくはケーブル会社直営ではない施設が、すでに営業していたとも考えられる。
 また宿泊施設としては、以前紹介した 奥摩耶山荘が「奥摩耶山荘旅館」、ユースホステル奥摩耶ハウスが「奥摩耶ハウス(林間学校)」と記載される一方、中腹には「摩耶旅館」なる施設も確認できる。摩耶駅との位置関係から、旅館がある場所は、第二次大戦前には絵はがきなどで確認される展望台や、この後「千万弗展望台」(1958(昭和33)年7月に木造平屋、70(昭和45)年にコンクリート製2階建)が存在した付近と考えられる。あるいはこの間に、旅館が存在したのかもしれない。
 なおマヤカンについて、56年当時は戦前の摩耶山温泉ホテル営業を停止し、戦後の摩耶観光ホテルも開業前の時期にあたっており、当然のことながらそれらの名称は記載されていない。ただし、ケーブル摩耶駅の右側(東側)には明らかにマヤカンと思しき空白の施設が記載されている。マヤカンはコンクリート製の大型建築物であり、営業休止していたとはいえ、住宅地図作成者側にとってはまったく記載しないわけにはいかなかったのであろう。
 一方、ケーブル摩耶駅付近には「うぐいす茶屋」「摩耶一茶」の茶店、「摩耶花壇」から天上寺までも2件の茶店と推定される施設が確認される(個人名で記載)。これらは天上寺への参詣が盛んであった様子をうかがわせるものと考えられる。なお上記施設も含めた摩耶山に存在した諸施設については「摩耶遺跡」(摩耶山ポータルサイト)や「摩耶ふしぎ発見」(摩耶山ブログ マヤログ)などが参考となる。

地図2『神戸市全産業住宅案内図帳 灘区』神戸地学協会、1958

 1958(昭和33)年発行の住宅地図(中央図書館には57年版は所蔵されていない)。56年版と描き方や記載情報の基本は変化していないが、3点ほど新たな施設・建物が加えられている。まず山上(奥摩耶)地区では、奥摩耶ハウスの東側に「摩耶マイクロウェーブ」が確認されるが、これは電波・無線中継所と思われる。現在では同所付近には複数の施設が存在しているが、これはその最初のものであろう。
 2つ目と3つ目はともに摩耶山中腹(摩耶駅付近)地区で、前述した摩耶旅館の上に「展望台」、および「うぐいす茶屋」「摩耶一茶」と道路を挟んで反対側(西側)に「摩耶ケーブル直営食堂」が加筆されている。これらの施設を検討するため、とりあえずケーブル会社社史の年譜で関係すると思われるものを以下にあげる。
 1956(昭和31)年7月:食堂開店(委託経営)
 1957(昭和32)年6/20:まやケーブル遊園地に売店及び休憩所(木造8坪)建設
          7/02:まやケーブル遊園地下にバンガロー村開設
 1958(昭和33)年7/15:まやケーブル遊園地に観覧車、チェンタワー等の遊戯具設備建設(三洋遊戯機械㈱に委託経営)
          8/21:まやケーブル遊園地に木造展望台建設
 このうち「木造展望台」および「食堂開店(委託経営)」それぞれが住宅地図に記載された展望台、摩耶ケーブル直営食堂と推定される。ただし後者については、年譜で委託経営と記載されている一方、地図にはケーブル直営とされており、厳密には整合していない。加えて年譜に記載された売店や遊戯施設などは、住宅地図には確認されない。こうした状態は、続く1959(昭和34)年版、60(昭和35)年版でもまったく同様の記載となっている(同じ記載のため、地図の提示は割愛)。これらのことから、この住宅地図は次々に建設された諸施設を正確に描ききれていない可能性(調査・確認不足)が高いとも考えられる。仮にそうだとすると、例えば56(昭和31)年版に記載された「うぐいす茶屋」「摩耶一茶」が、年譜にある委託経営の食堂、58(昭和33)年版の直営食堂は、年譜にある売店及び休憩所の可能性もあげられる。細かい事にすぎないが、これ以降の住宅地図にも、こうしたアバウトな記載が継続して確認できるため、資料的にやや問題があるものであることを明確にするため、あえてこだわって言及しておく。なおマヤカンについては、相変わらず記載のない施設が描かれているのみである(営業再開は1961(昭和36)年)。

地図3『神戸市全産業住宅案内図帳 灘区』神戸地学協会、1964

 地図1・2と同じ業者による1964(昭和39)年発行住宅地図。神戸市立中央図書館には59・60(昭和34・35)年版が存在するが、前述のとおりそれらは58年版と同じ記載内容である。一方、この64年版は、等高線などを記載して、各施設の場所を出来る限り正確に記載しているように感じられる。この点、非常に簡略的であった前出地図とは記載法を大きく異にしている(それでも地形図のような精度には及ばないが…)。ただし、この変更がこの64年版かそれ以前の版からかは、61~63(昭和36~38)年版が中央図書館に所蔵されていないので確認できない。しかし、摩耶山を3分して提示する前出のものより、全体的位置や状況を明快に確認できるようになっている。
 まず何より注目されるのはケーブル摩耶駅周辺であり、駅右側(東側)に摩耶観光ホテルが記載されている。正確さを期した地図の特徴から、記載された形状も実物と同様にL字の形となっている。以前から紹介しているが、マヤカンがケーブル会社から民間業者に売却されたのが1960(昭和35)年9月、摩耶観光ホテルとして営業開始したのが翌61(昭和36)年8月26日である。よってこの地図は、再営業から3年ほど経過したものの、マヤカンが摩耶観光ホテルとして現役営業された時期に発行されたものということになる。ちなみにマヤカン周辺の地名が「畑原字ノタ山」と記載されているが、第二次大戦前に存在した「野田山遊園地」はおそらくはこの地名に因むものと思われ、 以前から紹介している通り、実際の場所もマヤカン周辺となっている。
 一方、摩耶駅西側については56年版から記載されていた摩耶一茶、58年版の摩耶ケーブル直営食堂(直営食ドウ)は確認できるが、うぐいす茶屋は四角の空白、摩耶旅館および展望台は記載がなされていない。代わって、前述した社史の年譜に登場したチェンタワーや企業の「山の家」が2・3軒などが新たに記載されている。このうち山の家は企業の保養所ともとらえられるが、おそらくはバンガロー的なレベルのものであったと思われる。いずれにしろ、マヤカンやロープウェー摩耶駅の西側にある「高尾大明神」を除いて現在はほとんど何もないともいえる摩耶駅周辺には、この時期ホテルや店舗、遊戯施設などいくつかの施設が存在していたことをこの地図は示唆している。
 次に56・58年版等で摩耶花壇およびバンガロー村と記載された場所については、摩耶花壇と思しき建物は「アート」、バンガロー村は変わらずに記載されている。前に紹介した「摩耶遺跡」によれば、摩耶花壇は「摩耶ケーブル開業時に宿泊施設として開業し、後に療養所になった」と記載されているが、その年月日や閉鎖された時期についても記載されていない。次回紹介する予定の1966(昭和41)年版では、単に四角の空白でのみ記載されていることから、遅くともこの時期には療養所の営業も停止したと判断されるが、アート(?)とは何を意味するのかよくわかない。バンガロー村も66年版以降にはまったく記載されていないことから、いずれにしてもこの時期でこの周囲の施設はほぼ閉鎖されたものと考えられる。なお同所より天上寺門前まで個人名記載で記載されている2軒は、前述した茶店と思われるが、下の茶店の右側(西側)に56年版や58年版では確認できなかった空白の四角が2つ記載されているが、こちらはまったく不詳である(66年版以降は記載自体なし)。
 旧・天上寺については、それまで天上寺と記載し、横に住職・所属する寺院(塔頭)の住人と思しき名前が簡単に記載されていたのみだったものが、寺の伽藍を多数描き、「本尊 観世音」「摩耶夫人堂」「天上寺大門」(おそらく山門)「願地蔵」とともに、塔頭「大乗院」「蓮華院」「王蔵院」、さらには実態不詳ながら1070年代まで存在したと思われる「神戸高校 静嘿園」という施設(山の家的施設か? 参考サイト:Tomoのほんまかいな)も記載されている。
 一方、山上(奥摩耶)地区は、「奥摩耶遊園地」と記載され、山上駅から奥摩耶山荘までの間に、「マウントコースター」「サマーハウス村」(56・58年版ではバンガロー村)「食堂」などが記載されている。以前紹介したとおり、これらの施設はロープウェー開通直後の1955・56年(昭和30・31)前後に大半が建設・整備されたもので、前出の56・58年版でも一部が記載されていたが、中核ともいうべきマウントコースターが記載されたことで、同所が遊園地である状況がより明確になったといえる。なお林間学校と記載されていた奥摩耶ハウスは「ユースホステル奥摩耶ハウス」となり、摩耶マイクロウェーブも「摩耶山無線中ケイ所」と名称変更されている。
 追記:個人名についてはすべて修正した。

# by nk8513 | 2015-06-08 18:26
2015年 05月 06日

摩耶観光ホテルについて41(資料38)

資料紹介41 映画「春日和」における摩耶観光ホテル(旧・六甲ヒルトップギャラリー蔵)、1966年冬~67年初頭?

 1967(昭和42)年4月29日に公開された『春日和』ロケ時に撮影されたと思われる写真。これは「六甲摩耶観光推進協議会」が2007(平成19)年から13(平成25)年頃まで運営していた「六甲ヒルトップギャラリー」に所蔵されていた六甲摩耶鉄道の「社史『六甲山と共に50年』の原稿に挟まっていたもの」(ヒルトップ当時の関係者)という。現在、同施設のあった建物は「TENRAN CAFE」としてリュニアル(2014(平成26)年8月~)されており、この写真も含め所蔵されていた摩耶・六甲山関連資料・写真群の所在は確認していない。ただこの写真については、2008(平成20)年12月に「竣工間もない頃の摩耶山温泉ホテル」の写真を提供いただいた際に、同じくその画像データを送っていただいたものである。その時に、ヒルトップ関係者から、ここに撮影された内容についての質問を受けたが、明確な確認・回答ができなかったため、当ブログでの紹介をしなかった。しかし今回、改めて確認作業を行ったので、それを写真とともに提示することにした。

写真1 「春日和」における摩耶観光ホテル

 前述のように、この写真は社史の原稿に挟まっていたものであることから、場合によっては社史に使用する可能性もあったと思われる。関係者によれば、写真には「山形勲、左幸子、栗塚旭、岩下志麻」の名前が「名前が小さくメモ」されていたという。これを元に関係者が調べた所、「1967年公開の春日和という映画と一致」したとのことであった。これにより、映画のロケ地としてマヤカンが使用された可能性がでてきたものの、それ以上のことは不詳であった。というのも、この「春日和」という映画は松竹が配給しているが、その後ビデオ・レーザーディスク・DVD、いずれもソフト化されておらず、吉川晃司主演の「ユー・ガッタ・チャンス」(マヤカンがロケ地となっている)のように、実際の映像としては容易に確認できないためであった(ネット情報では2011(平成23)年1月にラピュタ阿佐ヶ谷、および2013(平成25)年8月に神保町シアターでリバイバル上映されたようである)。この状況は現在でも変わっていないのであるが、以下にあげる資料・情報等から、この「春日和」でマヤカンがロケ地となった可能性が高いと思われる。

写真2 「春日和」ポスター

 まず映画は、舞台を基本的に東京から大阪に移して展開していくようである(ストーリーについてはこちらを参照)が、映画を実際に見たと思われる人物による紹介記事では「4人で、摩耶ケーブルで神戸を展望するシーンがある。たぶん、車両も今とは違うはず」と記述されている。ケーブルに乗って展望したのであれば、当時摩耶観光ホテルとして再営業していたマヤカンに行くのが自然と感じられる。

写真3 「春日和」スチール写真1:岩下志麻・栗塚 旭

 次にこの写真には確かに4人の人物がマヤカン屋上でパラソル付きのテーブルを囲んでいるが、実際に顔を確認できるのは左幸子と思しき人物のみで、岩下志麻(左手前)、栗塚旭(右手前)、山形勲(左奥)は後姿、手前の人物に隠れて判然としない。しかし、ここにあげた映画公開に併せて撮影されたスチール写真およびポスターと比較すると、岩下志麻が身につけているドレスがよく似ている点、栗塚旭はスーツ姿が基本となっている点、山形勲の頭髪の様子やポスターにあるスーツ姿がやはり似ている点などが確認される。ちなみにこの写真もスチール写真とも想定されるのであるが、出演者の大半の顔が見えていないため、ヒルトップ関係者は隠し撮りではないかと指摘していた。

写真4 「春日和」スチール写真2:山形 勲・左 幸子

 さてここに見られるマヤカンについて、前述のとおり主演者が話をしている場所は屋上であるが、以前紹介した資料の建物の形状等から判断して、ここはマヤカン復活に際して増設された5階部分、それも4人がいるのはグリルや宴会場と呼ばれた部分の上と考えられる。何度も言及しているが、この部分を含め、この写真で確認できる5階部分は、1970年代後半から80年代前半にかけて撤去されて現存していない。写真に見える主演者が囲むパラソル付きのテーブルは他にも複数確認できるが、当時の新聞記事での広告では「スカイビアガーデン」と記載され、また以前紹介した別の資料でも不鮮明ながらテーブル(パラソルはついていないように見える)・イスなどが並べられて様子が確認される。これらから、屋上部分が日常的に使用されていたと思われる。ただし、マヤカンが位置するのは、摩耶山中腹の標高420m付近、それも風の影響を受けやすい尾根上に立地している。こうした状況からすれば、ビアガーデンのように屋上の使用は基本夏季中心で、冬季はあまり使用されなかったと考えられる。
 ところが、この写真に見える岩下志麻や栗塚旭と思しき人物が座るイスにはコートがかけられていたり、写真左端の女性(エキストラか?)も革製のコートを着ているように見える。さらに背後に見える複数の人物もコートのような厚手での服装であるように感じられることから、季節は冬であったと判断できる。これは映画の公開が4月末であったためで、撮影はおそらくはその数カ月前、早ければ前年の1966(昭和41)年12月から遅くとも67(昭和42)年2月頃であったと推測される。出演者やスタッフは寒さで大変だったかもしれないが、マヤカンの歴史を考えると実に微妙な時期であったといえる。というのもこの年の7月には、神戸周辺での集中豪雨によりマヤカンは損傷し、ホテルとしての営業を休止している。つまり映画の撮影は、摩耶観光ホテル時代の最終期に行われたことになるのである。
 この点でもこの映画の存在は重要なものといえるが、そもそも摩耶観光ホテルは営業期間6年と非常に短く、第二次大戦前から戦中の摩耶山温泉ホテル時代と比較して、関係する資料自体が極めて少ない。その意味では、在りし日の摩耶観光ホテルを記録した映画「春日和」は、マヤカンにとって貴重な資料といえるものである。

謝辞:今回公開した写真は、旧・六甲ヒルトップギャラリー関係者のご厚意によるものである。ここに感謝申し上げたい。

# by nk8513 | 2015-05-06 10:12