摩耶観光ホテルについて

nk8513.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 10月 29日

摩耶観光ホテルについて27(資料24)

資料紹介24 絵はがき「神戸摩耶山・まや山ホテル露台」摩耶温泉?、1930年頃

 摩耶山温泉ホテル時代の絵はがき。裏面には「摩耶温泉」と記されており、摩耶山温泉ホテルが発行していたものと考えられるが、やはりホテルが発行したと思われる絵はがき集「摩耶温泉土産」とは形態が異なっている。発行年は当然記載されていないが、「摩耶登山 6.4.4 記念(下段にローマ字表記でCable Carか?)」と記されたスタンプが押され、裏面の切手の消印に「6.4.6」となっている。これらのことから、1931(昭和6)年4月初旬に購入・使用され、絵はがき自体はそれ以前から発行されていたと思われる。さらに後述する状況から、絵はがおそらくケール摩耶駅からの渡り廊下が完成した1930(昭和5)年4月以降に作成されたとも考えられる。なお手紙は、摩耶山を訪れた差出人が俳句仲間に出したもので、差出人の住所は記載されていないが、受取人の住所は現在の神戸市中央区山本通となっている(実際の記載は画像処理)。
d0065273_1332955.jpg

神戸摩耶山・まや山ホテル露台1 表面

 絵はがきのタイトル通り、マヤカンの4階部分の「露台」から東側を写したもので、奥に大ホール(余興場)の部分が、中央にセーラー服と思われる服を着た少女が景色を眺めるように立っている。こうしたマヤカンの屋上部分からのものは、これまで紹介したものでは、逆に大ホール側から西側を写した構図のものがある。そこには、今回と似たセーラー服を着た少女が登場しており、おそらくは同一人物と推測される。その意味では、形態・表記は異なるものの、これらが同じ日に撮影され、かつ後者では1930(昭和5)年4月に完成したケール摩耶駅からの渡り廊下が確認できることから、撮影日や発行もそれ以後と判断される。
d0065273_1341284.jpg

神戸摩耶山・まや山ホテル露台2 裏面

 なお、絵はがきに登場するこの「露台」は、ホテルの4階部分(大半が大ホール)が一部屋外化されたものであり、廃墟化した現在でも類似した形態で存在している。しかし、第二次大戦後マヤカンが復活営業した当時は、この上部に増設(5階建)が施されており、この部分は「グリル」と表記された食堂・調理室として大半が屋内化されていた(その当時の状態 )。その後、マヤカンが「摩耶学生センター」の時代(1970年代中頃〜90年代前半)にこの場所で火災が起こり、営業を停止して廃墟となったと一部文献(『懐古文化総合誌「萬」臨時増刊号 廃墟の魔力』愚童学舎、1999)に記されているが、空中写真(国土交通省国土画像閲覧システム)・映画(ユー☆ガッタ☆チャンス)、および私の宿泊経験等から、実際には1970年代末から80年代前半に増設部分が撤去され、創建当初の屋外の形態に戻ったと判断される(大ホール部分はトタン屋根が設置)。この改装の要因は未確認だが、あるいは一部文献に記載された火災が関係しているとも推測される。

by nk8513 | 2013-10-29 13:06 | Comments(0)


<< 摩耶観光ホテルについて28(資...      摩耶観光ホテルについて26(資... >>