摩耶観光ホテルについて

nk8513.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 02月 04日

摩耶観光ホテルについて34(資料31)

資料紹介31 絵はがき集「国立公園 奥摩耶 Okuyama National Park」、1956(昭和31)年頃

 第二次大戦後の1955(昭和30)年に摩耶ケーブルが復活、合わせてロープウェイも開通し、摩耶山を含めた六甲山地域が瀬戸内国立公園に指定編入された56(昭和31)年頃に発行されたと思われる絵はがき集。構成は実質7枚からなるが、後に紹介する夜景のものは2枚分(分割可能)を使用しているので、8枚組ともとらえられる。タイトルの通り奥摩耶、つまり摩耶山頂部を中心にした内容であり、戦前から整備されたケーブル摩耶駅周辺(摩耶山中腹部)は、天上寺のみが登場するだけで、マヤカン等は確認できない。これは当時、奥摩耶の観光施設の整備が進んだ一方で、元の中心であった中腹部は、ケーブルとロープウェイの単なる乗り換え地点になっていたためと推測される(「摩耶観光ホテルについて12(資料9)」も参照)。発行は特に記載がなく不明なままだが、表紙裏の地図の下に丸に「大」の紋が描かれ、横に「神戸店納」と記載されている。このことから、この絵はがき集は、神戸元町の大丸神戸店で販売されていたものと考えられる。なお絵はがきは、一見カラーなのかと感じられるが、実際には白黒写真に彩色したものである。

d0065273_13152784.jpg
表紙

d0065273_13154474.jpg
絵はがき1 国立公園奥摩耶 摩耶ケーブル Cablecar to Maya.

d0065273_13155864.jpg
絵はがき2 国立公園奥摩耶 奥摩耶ロープウェー Ropeway to Oku-Maya.

d0065273_13161925.jpg
絵はがき3 国立公園奥摩耶 遊園地と展望台 虹の懸橋 Oku-Maya Recreation Ground.

 ロープウェイ開通と同時に整備された山頂地区の光景。中央やや上に七色に彩色されたカバーのある場所が、「虹のかけはし」と呼ばれた展望台である。

d0065273_13192674.jpg
絵はがき4 国立公園奥摩耶 マウントコースター Mount Coaster.

 当時の奥摩耶には、虹のかけはしとともに様々な遊戯施設も存在していたが、現在でもその魅力が語り継がれるものが、ここに登場する「マウントコースター」である。これは参考サイトによれば、1956(昭和31)年7月25日に「完成」(オープンか?)し、このはがきの通り、「山上を周回したあと大きく山を飛びだし眼下の市街地へ飛び出した」(ナダタマ-ナダ用語辞典)、小規模ながらスリルある乗り物として人気を博したという。1970年代に摩耶山観光の不振から撤去されたが、その痕跡が80年代に整備された自然観察園内に今も残されている。
参考サイト
ナダタマ-ナダ用語辞典:灘の用語-1:あ行;奥摩耶遊園地
情報誌「なだだな」4号(1999.4)
神戸文書館 神戸歴史年表

d0065273_13194348.jpg
絵はがき5 国立公園奥摩耶 千万弗の夜景 Nightview of KobeCity.

 現在、掬星台からの夜景は「日本三大夜景」に数えられ、その美しさで全国的にも有名であるが、この絵はがきにある通り、千万ドル、一千万ドルの夜景などとも表現されている。三大夜景や美しい夜景に対して、しばしば「百万ドルの夜景」と表されているが、この理由については諸説が存在して判然とはしない。ただし摩耶山の夜景については、六甲山からの夜景が百万ドルと表されていたことに対して、同地のそれはより美しいとのことで千万ドルになったといわれている。
参考文献:『六甲山とともに五十年』六甲摩耶鉄道株式会社、1982、56頁

d0065273_1320073.jpg
絵はがき6 国立公園奥摩耶 ホテル奥摩耶山荘「かまぶろ」 “Kamaburo” bath-room of the Hotel Okumaya.

 奥摩耶山荘は、1954(昭和29)年7月から1970(昭和45)年頃まで奥摩耶で営業していたホテルである。当時ホテルの名物として、食事は摩耶鍋(これはマヤカンでも出していた)、そしてここにある釜風呂が知られていた。なお奥摩耶山荘は、70年に解体され、跡地に国民宿舎摩耶ロッジがつくられた。その建物は現在「オテル・ド・摩耶」というホテルにリニュアルされている。

d0065273_13201970.jpg
絵はがき7 国立公園奥摩耶 摩耶天上寺 The Maya Tenjoji Temple.

d0065273_132032100.jpg
表紙裏に記載された地図

 前述の通り、これによってこの絵はがき集が大丸神戸店で販売されていたと推測できる。

d0065273_13204319.jpg
絵はがき裏面

なお上記絵はがき集は「摩耶山および摩耶観光ホテル関連資料」で紹介していたが、ここで改めて紹介する。

by nk8513 | 2015-02-04 13:30 | Comments(0)


<< 摩耶観光ホテルについて35(資...      摩耶観光ホテルについて33(資... >>