2015年 02月 06日

摩耶観光ホテルについて36(資料33)

資料紹介33 「軍艦ホテル」(朝日新聞神戸支局編『兵庫の素顔』海文堂、1977(昭和52)年7月、174-175ページ)

d0065273_044219.jpg
軍艦ホテル1

 マヤカンが摩耶学生センターと称されていた時期に紹介した記事。これは元々、1977(昭和52)年1月から6月に朝日新聞の第二兵庫版および第二阪神版に連載された「兵庫の素顔」シリーズ内の1記事(掲載日未確認)であったものを、同年7月に朝日新聞神戸支局がまとめた同名の書籍に掲載されたものである。


d0065273_0431162.jpg
軍艦ホテル2

 この記事の重要な点は2つあり、1つは摩耶観光ホテルが閉鎖され、廃虚になりかかりながらも、学生向けの宿泊施設として利用されていた時期を記録していることにある。ケーブル会社や行政、あるいは郷土史家等による文献に、マヤカンは比較的多く記載されているが、そのほとんどは戦前の摩耶山温泉ホテルか戦後の摩耶観光ホテル時代のことに専ら注目し、この記事に記載されている廃虚あるいは摩耶学生センターの状況についてはほとんど触れられていない。特に、摩耶観光ホテルとして再デビューしたが、「四十ニ年(1967年)夏の台風被害から立ち直れず三たび閉鎖」した点、さらにその後、管理人(実名記載されているが、ここでは空白に修正)が住み込み、やがて「学生のゼミ、サークル合宿などに限って施設の一部を開放した」などは、廃虚ブームに関連した関連書籍に引用されるまで他に記されなかった事柄である。


d0065273_046338.jpg
軍艦ホテル3

d0065273_0465220.jpg
軍艦ホテル4

 次に重要なのは、前の引用にみられるように、この記事がその後に記載・出版される郷土誌・社史やそれらに基づく廃虚関連書籍などのマヤカンに対する主要な参考文献となっていることにある。摩耶学生センター時代以降の状況については、宿泊利用者の証言以外ではこの記事が唯一のデータソースとなっており、やや飛躍すればマヤカンの歴史を証明する資料となっているのである。逆にこの記事がなければ、私がかつて結核などの療養所であったなどという噂話を聞いたように、マヤカンの来歴についておそらく様々な話が混在・構築されていたとも想像される。ただし、記事内にある「アールヌーボー風の洋風ホテル」という記載は、郷土誌や初期の廃虚関連書籍(『懐古文化綜合誌 萬』愚童學舎、1999など)にそのまま引用されているが、実際はマヤカンが建てられた時期および形態からアール・デコ様式と思われる(近年の文献資料には記載・多)。このような負の影響力(他にも「昭和七年春に建てた」とあるが、実際は1929(昭和4)年11月竣工)も存在するが、それでもマヤカンの歴史にとっては、古い絵はがきやリーフレット以上の資料的価値を有するものと評価される。


d0065273_0475919.jpg
軍艦ホテル5

 書籍版にはここにあげた空撮されたと思われるマヤカンの写真が掲載されている(オリジナルの新聞記事に掲載されたかは未確認)。白黒写真とはいえ、よく見ると外壁などが傷んでいるような状況がうかがえるものの、1929(昭和4)年に竣工したベース部分に、摩耶観光ホテル時代に増設された部分(主に5階)が明確に存在し、現在残されている状態と明らかに形態的に異なっている。吉川晃司が主演した映画「ユー☆ガッタ☆チャンス」(1985(昭和60)年2月公開)の時には、増設部分の大半が撤去され、ほぼ現存する状態になっていることから、1970年代末から80年代前半にかけて、それなりの規模の改修工事が行われたと推測される。これは『懐古文化綜合誌 萬』などが記す「グリルから出た火が元で営業を停止。八十年代中頃に閉鎖」という話と関連したものかもしれない(実際は摩耶学生センターは1993(平成5)年頃まで営業継続している)。
 また近年、ネット上でB-29のものではないかとの噂が一部で指摘されていた航空機の車輪であるが、屋上中央部分に固定されている様子が確認できる。この部分は戦前の摩耶山温泉ホテルの時期には使用を確認できる資料は存在しないが、摩耶観光ホテルの時には、「屋上ビアガーデン」あるいは「スカイビアガーデン」と呼ばれ、車輪の回りにベンチ・テーブルが並べられていた(中央奥に建っている小屋はその時に使用されたものと推定、1990年代前半まで存在)。なぜ車輪なのか、オブジェとしてもよくわからないが、それは明らかに上空からホテルに落ちてきたものではない。ただし、戦時中にホテル周辺に落ちてきたものを保管していたという仮説もたてられないわけではないが、それも常識的とは思えない。

by nk8513 | 2015-02-06 00:51 | Comments(0)


<< 摩耶観光ホテルについて37(資...      摩耶観光ホテルについて35(資... >>