摩耶観光ホテルについて

nk8513.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 13日

摩耶観光ホテルについて37(資料34)

資料紹介34 リーフレット「静かな奥摩耶山荘」、神戸市電弘済会?、1950年代後半?

d0065273_1628541.jpg
静かな奥摩耶山荘1

 かつて奥摩耶(摩耶山頂)地区に存在したホテル「奥摩耶山荘」のリーフレット。発行年は特に記載されていない。同ホテルは1954(昭和29)年7月に開業しているが、ここに紹介されている奥摩耶地区には1955(昭和30)7月に営業開始した「奥摩耶ロープウェー(現・まやビューライン夢散歩)」が記載され、また1956(昭和31)年7月に完成したとされる「マウントコースター」などに代表される施設が紹介されていることから、早くとも50年代後半以降の制作と思われる。またホテルの電話番号が修正されていることから、その後1960年代後半まで使用・頒布されていたものとも想定される。マヤカンが摩耶観光ホテルとして営業していたのは、1961(昭和36)年から67(昭和42)年であるので、この時期摩耶山には2つの宿泊施設が存在していたことになる。その後、奥摩耶山荘は1970(昭和45)年前後に営業を停止し建物は撤去されて、同年4月に新たに「国民宿舎摩耶ロッジ」が新築されて再オープンした(現「オテル・ド・マヤ」の前身)。


d0065273_16282069.jpg
静かな奥摩耶山荘2

 左下の建物はホテル西側に存在した別館の建物のようである。一方、右の部分には「32室100名収容」などのホテルの概要、その下部には奥摩耶地区の説明等が記されている。

d0065273_16283469.jpg
静かな奥摩耶山荘3

 1950年代後半から70年代にかけて「奥摩耶遊園地」として機能していた奥摩耶地区の諸施設が地図で紹介されている。マウントコースターのレイアウト等が確認できるが、他にも地図の右下にかつて存在していた「ユースホステル」の建物も記載されている(下図も参照)。ここは現在はテレビ局等の電波中継施設が立ち並んでいる。同時期のガイドブックや住宅地図などから、正式名称は「ユースホステル奥摩耶ハウス」であったらしい。その正確な営業期間は不明だが、同時期の住宅地図によれば、50年代後半は「林間学校 奥摩耶ハウス」と記載されていたが、60年代前半にはユースホステルとなり、70年代前半には神戸市立高校の施設(それでも名称は奥摩耶ハウス)となっていた。さらに70年代後半には建物自体の記載がなくなっており、おそらくこの時期に解体撤去されたものと考えられる。
 また地図左下には「奥の院跡」「一本杉」の記載があるが、ここに現在は天上寺の伽藍が存在している。この当時、天上寺はまだ摩耶山中腹(現・史跡公園)にあったが、1976(昭和51)年1月に火災によりほぼ全焼した。その後、80年代に入って天上寺創建の場所と伝承され、一本杉があったこの地に伽藍が再建されている。


d0065273_16285193.jpg
静かな奥摩耶山荘4

 左中に前述したユースホステルの建物が掲載されている。


d0065273_162946.jpg
静かな奥摩耶山荘5

 ここに登場する「名物かまぶろ」は、以前紹介した絵はがき集でも確認できるものである。


d0065273_1629191.jpg
静かな奥摩耶山荘6

 左下の「観光放牧場」は1956(昭和31)年に開業した観光牧場で、現在の「六甲山牧場」の起源となる施設である。


d0065273_16293184.jpg
静かな奥摩耶山荘7

なお上記リーフレットは「摩耶山および摩耶観光ホテル関連資料」で紹介していたが、ここで改めて紹介する。

by nk8513 | 2015-03-13 16:39 | Comments(0)


<< 摩耶観光ホテルについて38(資...      摩耶観光ホテルについて36(資... >>