2006年 11月 05日

摩耶観光ホテルについて11(資料8)

資料紹介8
広告「国立公園まや山へ!」、神戸市交通局・まやケーブル、1961〜67年頃
 摩耶観光ホテルが短期間だが営業していた頃の広告。摩耶山の全景を上空から撮影しており、ケーブルやロープウェイやその駅をはじめ、天上寺・にじのかけ橋・バンガロー村、そして摩耶観光ホテルなどの山中施設の大半が確認される。
 ここで注目されるのは、バンガロー村の上部、「ロープウェイまや駅」付近である。ここは戦前「摩耶山遊園地」が存在した場所であり、戦後ケーブル復活・ロープウェイ開通後に「まやケーブル遊園地」として再整備された。六甲摩耶鉄道株式会社の社史(『六甲山とともに五十年』、1982)によると、以下の施設が設置されていたようである。
1957(昭和32)年6/07「売店および休憩所(木造)建設」
         5/07「遊園地下にバンガロー村開設」
1958(昭和33)年7/15「観覧車、チェンタワー等の遊戯具建設」
         8/21「木造展望台建設」
広告の印刷レベルや経年変化による劣化もあって不明瞭なものの、少なくともバンガローや観覧車等は確認できる。
d0065273_23542188.jpg

 さて摩耶観光ホテルの方だが、ここでは「まや観光ホテル」と記され、「ケーブルまや駅」の東側(右下)に確認できるが、その形態は、1960(昭和35)年頃に改装が施される以前の状態のままである。よってこの写真は、「まやケーブル遊園地」にバンガローや観覧車が設置された直後の57・58(昭和32・33)年頃のものと推測され、マヤカン自体は「摩耶観光ホテル」としてリニュアルする直前の閉鎖中の状態にあったと考えられる。写真からはその状態をよく確認できないが、戦前に設置されていた渡廊下に設置されていたカバーはなく、ケーブル線沿いのホテル左下部には、戦前にあっローラースケート場(あるいはベビーゴルフ場)の跡と思しき平坦地も存在しているが、それも使用しているようには感じられない。不明瞭ながらマヤカンを中心にした「ケーブルまや駅」の東側(右側)は、現在ほどではないにせよ、「廃墟」に近い状態にあったことを想像させる。

by nk8513 | 2006-11-05 00:01 | Comments(3)
Commented by tado at 2006-11-09 00:38 x
こんにちは。
貴重な資料ですね。
これは、何か旅行雑誌などに掲載された広告なのですか?
こんな全景を撮影するなんて、当時結構な費用が必要だったのではないでしょうか。
Commented by nk8513 at 2006-11-09 23:47
おそらくはヘリコプターで撮影したものだと思います。摩耶山は山頂まで急傾斜で、その分全体像を俯瞰しやすいのかもしれません。また本文には記しませんでしたが、この広告はマヤカン「復活」後の1962年頃に発行されたガイドブック(出版:某大手旅行業者)に掲載されていたものですが、それ以前の1950年代後半から広告として使用されていたようです。私が確認したのは、59年の神戸の郷土研究雑誌に載せられたものですが、そこには「空から見た摩耶山全景 すばらしい眺望 手軽にゆけるまや山へ!! 三宮より山上までわずか三〇分」と記されていましたが、各施設への記載はありませんでした。
Commented at 2007-02-17 18:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 摩耶観光ホテルについて12(資料9)      摩耶観光ホテルについて10(資料7) >>