<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 09日

摩耶観光ホテルについて15(資料12)

資料紹介12
絵はがき「(摩耶名勝)摩耶ホテル(Mayasan)Maya Hoteru」など(5枚)、赤西萬有堂、1935年頃?

 以前も紹介した赤西萬有堂(裏面に「KOBE AKANISHHI」と記載)が発行したとみられる絵はがき5枚。私はこれらを一括で入手したが、これがセットの絵はがき集かどうかは不明。またセットとしても、枚数5枚というのはやや半端であり、6枚あるいは8枚程度のものであった可能性もある。発行年代は不明だが、ホテル周辺の植物の状況等から、その完成年(1929(昭和4)年11月)から数年以上経過した時期以降と考えられる。なお以下の通り、絵はがきは白黒写真に彩色を施していたものであるが、これによって画像が不鮮明になっている部分も散見される。なおすべてのはがきに「摩耶参拝記念」印がおされている。

d0065273_11482924.jpg
絵はがき1 (摩耶名勝)摩耶ホテル(Mayasan)Maya Hoteru

 この南から見上げる構図は、戦前の絵はがき等によく確認されるものである。現在は完全に山林化しているが、当時はマヤカン下部に遊歩道が整備されていた。これは後述する遊園地等へ通じていたと思われる。

d0065273_11485030.jpg
絵はがき2 (摩耶名勝)頂上摩耶駅(Mayasan)Chiyojyo Mayaeki

 これは、以前紹介した絵はがきに彩色したものである。ただし注視すると、ここには駅舎、ホームの屋根とともに、マヤカンへの覆い付きの渡り廊下らしきものを確認することができる。したがって、この元になった絵はがきおよび、資料7に示した絵葉書集の発行年代は、前に推定した1929(昭和4)年11月以前ではなく、廊下が完成した1930(昭和5)年4月以降と判断される。
 参考:摩耶観光ホテルについて10(資料7)、2006年9月(絵はがき集「摩耶山ケーブルカー CABLECAR ON MOUNT MAYA」、赤西萬有堂)

d0065273_1149642.jpg
絵はがき3 (摩耶名勝)小供遊園地(Mayasan)Yuenti

 今回紹介したもので判然としないのが、ここに登場する「子供遊園地」である。以前から紹介したように、ケーブル摩耶駅周辺には摩耶山温泉(マヤカン)をはじめとして、様々な行楽施設が存在していた。これまで提示してきた資料では、基本的にはマヤカンが駅の東側下、その他は駅西側にあることを示したものであった。ただし前述の通り、マヤカン下部(駅からは南側一帯)には遊歩道が整備されており、その先には「摩耶観光ホテルについて7(資料4)、2005年11月」で紹介したローラースケート場(ベビーゴルフ場)が存在していた。これらは第二次大戦前の摩耶山関係資料(主に絵はがき)から確認されている。しかしこの「子供遊園地」は、一部の資料に登場するのみで、その整備およびその他の施設との位置関係はよくわからない。絵はがきの画像に注目すると、周囲の地形・植生および遊具、また1段下にも遊具等の施設があることが確認できるが、これらの状態は以前紹介した駅西側のそれとは明らかに異なっている。
 六甲摩耶鉄道株式会社の社史(『六甲山とともに五十年』、1982)にある年表によれば、以下の関連する記述がある。
1926(大正15)年2月  「ケーブル遊園地200坪開拓 遊戯具設置、桜、楓、桃、梅等数百本を植樹」
    同年    6月  「ケーブル遊園地に動物小屋新設」
1931(昭和 6) 年5月 「野田山遊園地内にベビーゴルフ場設置」
1933(昭和 8) 年7月 「野田山遊園地内(摩耶山温泉全面)に植樹、猿舎、運動具の新設、道路の増設完成」
 これらから判断するに、ここに登場する「子供遊園地」等は「野田山遊園地」の施設と考えられ、絵はがき正面に見えるドーム場の施設は「猿舎」(「キングコング」を入れていた?)、「猿舎」の左・一段下にある施設が「運動具」、そしてこうした施設整備のための「道路の増設」と推定される。そしてこの施設群の位置は、道路増設ということからして、やはりマヤカン下部であったと思われる。私はこれまでこの「野田山遊園地」と記された施設は、「ケーブル遊園地」の別称と判断していたが、それはあるいは、駅西側のケーブル遊園地とは異なるエリアの名称であったのかもしれない。ただしその正確な場所は、現時点では不明であり、可能性としては「ローラースケート場」付近(駅からは南南東方向)と、マヤカン直下部(駅からは南東方向)の2つがあげられる。いずれの場所も急傾斜地であり、絵はがきに確認される土留めの設備はそれを裏付けている。またこれに関しては、前にも参照した以下のサイトの絵はがきからも、いくつかの遊歩道等が確認でき参考となる(マヤカン直下部はこの絵はがきから推定した)。なお以前に紹介したように、第二次大戦後、ケーブル駅西側は再び「遊園地」として再整備され、またやや遅れてマヤカンも建て増しされて短期的にせよ復活した。しかしこの「子供遊園地」等は、当時の資料からまったく確認できない。おそらくは、戦中から敗戦後のケーブル休止後は、使用されることもなくなり、次第に「廃墟」化していったと思われる。
参考サイト:「旅と建築と日常」:http://thoughts.exblog.jp/d2006-05-26

補足(2008.12.11):この施設のあったマヤカンの南〜南東側の小字地名が「野田山」であることを、1950〜60年代の住宅地図などから確認した。よってここが「野田山遊園地」であったと考えて間違いないと思われる。
補足2(2010.9.08):マヤカン下部周辺地区を写した絵はがきにより、この場所が野田山遊園地の中心であることが確認された(摩耶観光ホテルについて21(資料18):2010年 09月を参照)。

d0065273_11492717.jpg
絵はがき4 (摩耶名勝)岐坂なる階段(Mayasan)Kaiban

 これは現在も残されているが、旧天上寺境内の石壇である。当時は、ケーブル摩耶駅から徒歩で天上寺に参拝する形態が一般的であった。この石壇を登り切ると、本堂や多宝塔等がある寺の中心に至った。

d0065273_1149418.jpg
絵はがき5 (摩耶名勝)頂上の塔(Mayasan)Cuojyo Noto

 この多宝塔の左後に本堂が存在していた。以前紹介した通り、1976年の火災により、これらの建物はほぼ焼失した。現在、天上寺は摩耶山頂部(奥摩耶)北側の摩耶別山(伝承によれば天上寺発祥の地)に移転し、旧境内は史跡公園になった。

by nk8513 | 2008-04-09 12:02 | Comments(17)