摩耶観光ホテルについて

nk8513.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 29日

摩耶観光ホテルについて30(資料27)

資料紹介27 絵はがき(神戸)摩耶山 ケーブルより俯下せる神戸市及其郊外の大観 COMMANDING VIEW OF KOBE CITY AND ITS SUBURB FROM THE CABLE CAR ON MT. MAYA,KOBE.

 摩耶ケーブル開通直後に発行されたと思われる絵はがき。裏面に「神戸元町 栄屋印行」とあることから、同社が発行したものと思われる。詳細は不詳であるが、栄屋印行発行とされる絵はがきが、度々ネット上の情報から確認され、かつその大半が神戸周辺のものとなっている。このことから、同社は以前に紹介した「赤西萬有堂」と同じ神戸に拠点を置いた絵はがき発行業者と推定される。発行年は例によって記載がはないが、以下にあげた周辺地域の状況等から、ケーブル開通直後の大正末期から昭和初期頃と考えられる。

d0065273_2231719.jpg
絵はがき 絵はがき(神戸)摩耶山 ケーブルより俯下せる神戸市及其郊外の大観 COMMANDING VIEW OF KOBE CITY AND ITS SUBURB FROM THE CABLE CAR ON MT. MAYA,KOBE.

 絵はがきタイトルのように、主たる構図はケーブルではなく、ケーブルの上部(展望台?)から麓の地域を写したものである。神戸市とその郊外としているが、大半は現在の灘区に包含される地域で、当時の都市化の状況では、郊外に該当すると思われる。なお灘区の成立は1931(昭和6)年9月、その前身となる西灘村・西郷村・六甲村が神戸市に編入されたのが1929(昭和4)年4月であることから、絵はがきが作成された頃には、神戸市ではなかったと判断される。なお、左下の崖の上部に若干整地されたような所が見られるが、これは1931(昭和6)年5月に完成した「ベビーゴルフ場」と同じ場所と思われ、この当時はまだ完成していなかったと判断される。

d0065273_2232879.jpg
絵はがきから確認される地域

 絵はがきに写された地域を見ると、摩耶山麓の五毛・上野周辺や都賀川以西ではまだ農地が広がっているが、阪急神戸線以南の地域では建物が密集している。こうした状況は、古い地形図で確認すると、ほぼ1923(大正12)年測量のものと一致しているのに対して、昭和初期(1935(昭和10)年頃)測量のものでは、全体的に市街地化が進行している(今昔マップon the web 参照)。よって、この絵はがきは、ケーブル開通(1925(大正14)年1月)から数年内に撮影されたものと思われる。当然、マヤカンの完成以前と想定される。

d0065273_22322812.jpg
絵はがきから確認される交通路

 前述の通り、まだ完全には都市化していないため、主要交通路である鉄道(阪神・国鉄・阪急)や昭和初期に新経路に開発された国道2号線や山麓の道路(上野通・天城通・水道橋筋)などが比較的容易に確認できる。

d0065273_22324288.jpg
絵はがきから確認される諸施設

 交通路と同じく、いくつかの施設(花筵検査所・河内国魂神社・関西学院・小泉製麻・灘変電所・稗田小学校・六甲小学校)も確認される。
  花筵検査所:詳細不明、昭和初期に廃止?(神戸又新日報1923.8.9大阪毎日新聞1931.10.10
  河内国魂神社:五毛天神(Wikipedia河内国魂神社
  関西学院:1889(明治22)年創立、1929年(昭和4)現・西宮市上ヶ原に移転(関学の軌跡) 状況不明瞭のため断定困難
  小泉製麻:1890(明治23)年設立(小泉製麻 沿革
  灘変電所:1923(大正12)年建設(神戸市灘区:建物
  稗田小学校:1921(大正10)年創立(稗田小学校 沿革
  六甲小学校:1886(明治19)年創立(Wikipedia六甲小学校

d0065273_2204575.jpg
絵はがきの裏面

by nk8513 | 2014-12-29 22:38 | Comments(0)
2014年 12月 27日

摩耶観光ホテルについて29(資料26)

資料紹介26 絵はがき「摂津摩耶山参拝ケーブルカー」、摩耶鋼索鉄道株式会社

 前回に引き続きケーブル会社による絵はがき集。こちらの構成は8枚組であり、前回に紹介したものも6枚ではなかった可能性もある。発行年代はやはり不明だが、表紙右側に(20)という番号が記載されている。前シリーズの表紙 には(10)と記載されていることから、今回の方が年代的に新しいとも考えられる。内容は基本的には同じで、マヤカンは確認できない。

d0065273_927314.jpg
表紙

d0065273_9274867.jpg
絵はがき1 摂津摩耶ケーブルカー急勾配ノ眺望 The Ceble-car of Mayasan.

d0065273_9282259.jpg
絵はがき2 摩耶山ケーブルカー摩耶駅(百馬力)(厚動力機械室)

d0065273_929736.jpg
絵はがき3 摩耶ケーブル楽園より阪神間の眺め 其一 View of From Mayasan.
 このはがきは次のはがき(其二)と切れ目付きで連続している。ここでは分割して紹介する。

d0065273_9292212.jpg
絵はがき4 摩耶ケーブル楽園より阪神間の眺め 其二 View of From Mayasan.

d0065273_9295794.jpg
絵はがき5 摂津摩耶山石段 The Park, Mayasan.

d0065273_9301814.jpg
絵はがき6 摩耶山佛母忉利天上寺 御本堂 Front? of Temple Mayasan.

d0065273_9305925.jpg
絵はがき7 摩耶最高峰ヨリ天上寺眺望 View of Mayasan.
 「最高峰」といいながら天上寺の森は同所とそれほど高度差がないように感じられる。実際には少し下った場所か、あるいは単にそう見える構図で撮影されただけかもしれない。ただもし頂上部ならば、戦時中の高射砲陣地(現在の掬星台)造成前の状況ということになる。

d0065273_9314349.jpg
絵はがき8 (摩耶山六甲登山有馬超略図)
 ここに確認できる阪急電車(赤線)の神戸線が三宮に乗り入れていない(おそらく上筒井)。よってこれは同線が三宮に乗り入れた1936(昭和11)年4月以前の状態と考えられる。

d0065273_9315671.jpg
絵はがき9 裏面

なお上記絵はがき集は「摩耶山および摩耶観光ホテル関連資料」で紹介していたが、ここで改めて紹介する。

by nk8513 | 2014-12-27 09:33 | Comments(0)
2014年 12月 26日

摩耶観光ホテルについて28(資料25)

資料紹介25 絵はがき「摂津摩耶山参拝ケーブルカー(御土産)」、摩耶鋼索鉄道株式会社摩耶高尾駅構内売店

 ケーブル会社が発行した絵はがき集。構成は6枚組で、タイトル通りケーブルと天上寺を中心にしているが、1・2枚欠落している場合や別のシリーズから入れられた可能性もある。現存する6枚には、マヤカン(摩耶山温泉ホテル)は登場しないが、関連資料として紹介する。発行年代は不明だが、マヤカンがなしということで、その竣工の1929(昭和4)年11月以前とも想定される。

d0065273_1422555.jpg
表紙

d0065273_14221720.jpg
絵はがき1 日本一摩耶ケーブル急勾配眺望 The Ceble-car Mayasan.

d0065273_14222919.jpg
絵はがき2 ケーブルカー高尾山隧道内光景
 このはがきのみ、英文が記載されていない。別シリーズの可能性も想定される。

d0065273_14224558.jpg
絵はがき3 摂津摩耶山ケーブル急勾配ノ眺望 The Ceble-car Mayasan
 このはがきは、前のものと内容的に重複している。やはり別シリーズの可能性が想定される。

d0065273_1422557.jpg
絵はがき4 摩耶ケーブル山頂ヨリ神戸港望ム View of Kobe Harbour From Mayasan.

d0065273_1423732.jpg
絵はがき5 摂津摩耶山石段 View of mayasan.

d0065273_1423198.jpg
絵はがき6 摩耶山天上寺(御本堂) Front? of Tennple Mayasan.
 天上寺は1976(昭和51)年1月に火災に遭い、本堂・多宝塔等、主要堂宇が全焼し、80年代以降に摩耶山頂部(奥摩耶)付近の摩耶山別山(伝承によれば天上寺発祥の地)に移動して再建された。残された旧境内は、「摩耶山史跡公園」となって礎石などが残されている。

d0065273_1318522.jpg
絵はがき7 裏面

なお上記絵はがき集は「摩耶山および摩耶観光ホテル関連資料」で紹介していたが、ここで改めて紹介する。以後しばらくは、同ブログでの資料を移行掲示する予定である。

by nk8513 | 2014-12-26 13:21 | Comments(1)