摩耶観光ホテルについて

nk8513.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 09日

摩耶観光ホテルについて15(資料12)

資料紹介12 絵はがき「(摩耶名勝)摩耶ホテル(Mayasan)Maya Hoteru」など(5枚)、赤西萬有堂、1935年頃?

 以前も紹介した赤西萬有堂(裏面に「KOBE AKANISHHI」と記載)が発行したとみられる絵はがき5枚。私はこれらを一括で入手したが、これがセットの絵はがき集かどうかは不明。またセットとしても、枚数5枚というのはやや半端であり、6枚あるいは8枚程度のものであった可能性もある。発行年代は不明だが、ホテル周辺の植物の状況等から、その完成年(1929(昭和4)年11月)から数年以上経過した時期以降と考えられる。なお以下の通り、絵はがきは白黒写真に彩色を施していたものであるが、これによって画像が不鮮明になっている部分も散見される。なおすべてのはがきに「摩耶参拝記念」印がおされている。

d0065273_11482924.jpg
絵はがき1 (摩耶名勝)摩耶ホテル(Mayasan)Maya Hoteru

 この南から見上げる構図は、戦前の絵はがき等によく確認されるものである。現在は完全に山林化しているが、当時はマヤカン下部に遊歩道が整備されていた。これは後述する遊園地等へ通じていたと思われる。

d0065273_11485030.jpg
絵はがき2 (摩耶名勝)頂上摩耶駅(Mayasan)Chiyojyo Mayaeki

 これは、以前紹介した絵はがきに彩色したものである。ただし注視すると、ここには駅舎、ホームの屋根とともに、マヤカンへの覆い付きの渡り廊下らしきものを確認することができる。したがって、この元になった絵はがきおよび、資料7に示した絵葉書集の発行年代は、前に推定した1929(昭和4)年11月以前ではなく、廊下が完成した1930(昭和5)年4月以降と判断される。
 参考:摩耶観光ホテルについて10(資料7)、2006年9月(絵はがき集「摩耶山ケーブルカー CABLECAR ON MOUNT MAYA」、赤西萬有堂)

d0065273_1149642.jpg
絵はがき3 (摩耶名勝)小供遊園地(Mayasan)Yuenti

 今回紹介したもので判然としないのが、ここに登場する「子供遊園地」である。以前から紹介したように、ケーブル摩耶駅周辺には摩耶山温泉(マヤカン)をはじめとして、様々な行楽施設が存在していた。これまで提示してきた資料では、基本的にはマヤカンが駅の東側下、その他は駅西側にあることを示したものであった。ただし前述の通り、マヤカン下部(駅からは南側一帯)には遊歩道が整備されており、その先には「摩耶観光ホテルについて7(資料4)、2005年11月」で紹介したローラースケート場(ベビーゴルフ場)が存在していた。これらは第二次大戦前の摩耶山関係資料(主に絵はがき)から確認されている。しかしこの「子供遊園地」は、一部の資料に登場するのみで、その整備およびその他の施設との位置関係はよくわからない。絵はがきの画像に注目すると、周囲の地形・植生および遊具、また1段下にも遊具等の施設があることが確認できるが、これらの状態は以前紹介した駅西側のそれとは明らかに異なっている。
 六甲摩耶鉄道株式会社の社史(『六甲山とともに五十年』、1982)にある年表によれば、以下の関連する記述がある。
1926(大正15)年2月  「ケーブル遊園地200坪開拓 遊戯具設置、桜、楓、桃、梅等数百本を植樹」
    同年    6月  「ケーブル遊園地に動物小屋新設」
1931(昭和 6) 年5月 「野田山遊園地内にベビーゴルフ場設置」
1933(昭和 8) 年7月 「野田山遊園地内(摩耶山温泉全面)に植樹、猿舎、運動具の新設、道路の増設完成」
 これらから判断するに、ここに登場する「子供遊園地」等は「野田山遊園地」の施設と考えられ、絵はがき正面に見えるドーム場の施設は「猿舎」(「キングコング」を入れていた?)、「猿舎」の左・一段下にある施設が「運動具」、そしてこうした施設整備のための「道路の増設」と推定される。そしてこの施設群の位置は、道路増設ということからして、やはりマヤカン下部であったと思われる。私はこれまでこの「野田山遊園地」と記された施設は、「ケーブル遊園地」の別称と判断していたが、それはあるいは、駅西側のケーブル遊園地とは異なるエリアの名称であったのかもしれない。ただしその正確な場所は、現時点では不明であり、可能性としては「ローラースケート場」付近(駅からは南南東方向)と、マヤカン直下部(駅からは南東方向)の2つがあげられる。いずれの場所も急傾斜地であり、絵はがきに確認される土留めの設備はそれを裏付けている。またこれに関しては、前にも参照した以下のサイトの絵はがきからも、いくつかの遊歩道等が確認でき参考となる(マヤカン直下部はこの絵はがきから推定した)。なお以前に紹介したように、第二次大戦後、ケーブル駅西側は再び「遊園地」として再整備され、またやや遅れてマヤカンも建て増しされて短期的にせよ復活した。しかしこの「子供遊園地」等は、当時の資料からまったく確認できない。おそらくは、戦中から敗戦後のケーブル休止後は、使用されることもなくなり、次第に「廃墟」化していったと思われる。
参考サイト:「旅と建築と日常」:http://thoughts.exblog.jp/d2006-05-26

補足(2008.12.11):この施設のあったマヤカンの南〜南東側の小字地名が「野田山」であることを、1950〜60年代の住宅地図などから確認した。よってここが「野田山遊園地」であったと考えて間違いないと思われる。
補足2(2010.9.08):マヤカン下部周辺地区を写した絵はがきにより、この場所が野田山遊園地の中心であることが確認された(摩耶観光ホテルについて21(資料18):2010年 09月を参照)。

d0065273_11492717.jpg
絵はがき4 (摩耶名勝)岐坂なる階段(Mayasan)Kaiban

 これは現在も残されているが、旧天上寺境内の石壇である。当時は、ケーブル摩耶駅から徒歩で天上寺に参拝する形態が一般的であった。この石壇を登り切ると、本堂や多宝塔等がある寺の中心に至った。

d0065273_1149418.jpg
絵はがき5 (摩耶名勝)頂上の塔(Mayasan)Cuojyo Noto

 この多宝塔の左後に本堂が存在していた。以前紹介した通り、1976年の火災により、これらの建物はほぼ焼失した。現在、天上寺は摩耶山頂部(奥摩耶)北側の摩耶別山(伝承によれば天上寺発祥の地)に移転し、旧境内は史跡公園になった。

# by nk8513 | 2008-04-09 12:02 | Comments(17)
2007年 07月 18日

摩耶観光ホテルについて14(資料11)

資料紹介11 『初詣 皇軍武運長久 家運隆昌 祈願』まやケーブル(摩耶鋼索鉄道株式会社)、1939年末

d0065273_12461262.jpg
初詣 皇軍武運長久 家運隆昌 祈願1

 ケーブル会社により作成されたリーフレット。タイトルに「初詣」とある通り、正月向けのものである。イラストには「まや山初詣」および「まやケーブル」の写真が載せられ、背後に「皇軍武運長久祈願」の記された旗を掲げた槍状の幟、および飾り物が付けられた笹の木らしきものが記されている。この武運長久などの記載から、戦時中に発行されたものと思われる。それも影響したのか、このリーフレットは、これまで紹介してきたものに比べ、明らかに紙質が悪く、また印刷も茶色一色の単調なものとなっている。後述する「キングコング」の記載から、発行は1939(昭和14)年末と想定される。なお、マヤカンについては、残念ながら写真やイラスト等は載せられておらず、「摩耶温泉」「余興場」として簡単に紹介されている程度であるが、ケーブル会社のリーフレットということで、あえて紹介する。

d0065273_12462292.jpg
初詣 皇軍武運長久 家運隆昌 祈願2

 初詣用ということで、内容は天上寺への記載が半分以上を占め、特に初詣から「初午祭」まで、新春の年中行事が詳しく紹介されている。ケーブルを使って参拝した者に抽選で、銀やアルミ製の観音像などが授与されること等が記されていることから、当時のケーブルを利用した参拝が盛んであったと感じさせる。しかし、表紙にあるような戦時色を感じさせるような内容は特に記載されておらず、以前紹介したものとさほど変わらない印象を受ける。これが発行された1939(昭和14)年は、日中戦争は開始から2年以上経過して、日本社会全体に様々な影響が出始めていた頃ではあるが、41(昭和16)年12月の米英開戦以後に比べれば、状況はそれほど逼迫してなかったのかもしれない。
 なお初詣については、年ごとに変わる恵方(吉となる方角)にある寺社に参拝する恵方参りが、明治中期から後期に東京や大阪圏で開業した鉄道会社の宣伝活動などによって、恵方と関係なく「初詣」として、沿線の寺社に参拝するように新しく変化したものであることが知られている(以下のサイトおよび研究論文参照)。当然、天上寺の初詣にも、このリーフレットの存在自体が示す通り、まやケーブルやその親会社である阪神電鉄の宣伝活動の影響があったと考えられる。

「ウィキペディア・初詣」:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E8%A9%A3
平山 昇「明治期東京における「初詣」の形成過程--鉄道と郊外が生み出した参詣行事」日本歴史691、2005.12、60〜73頁。
同「明治・大正期東京・大阪の社寺参詣における恵方の変容」交通史研究 61、2006.12、87〜101頁。


d0065273_12463744.jpg
初詣 皇軍武運長久 家運隆昌 祈願3

 さてここで特異なものとして注目されるのが、左端にある「話題のキングコング」である。キングコングといってもそれは「日本産大猿」と記されているように、大型のニホンザルを指している。「昨年六月下旬」に生け捕りにしたとあるが、これはリーフレットの作成時期からすれば1938(昭和13)年6月になるが、どうも1940(昭和15)年新春から計算しているようで、39(昭和14)年6月の出来事と推測される。ちなみに仮に38年の場合、この直後の7月5日に阪神大水害が発生しており、キングコングどころではなかったはずである。
 この経緯については、六甲摩耶鉄道株式会社の社史(『六甲山とともに五十年』、1982)にも新聞記事を引用しながら紹介しており、当時ちょっとした話題になっていたようである。それによると、1935(昭和10)年頃から布引の滝や摩耶山周辺に野生のサルが度々出没していたが、39年6月22日に摩耶山遊園地内の「動物園」(動物小屋)に現れ、見物人を威嚇して騒ぎになった(当時の新聞記事には、「キングコング」と大立ち回りをしたかのように表現されている)。そこでケーブルの職員らによって、オリの奥にエサを置き、それをとればオリが閉じる仕掛けをすぐに設置して、翌23日に生け捕りにされたようである。ただ実際には、騒ぎになる数日以上前からサルが出没していたようで、仕掛けの準備等はすでに出来ていたらしい。
 要するに野生のサルを捕獲しただけの話なのだが、それが「胴体二尺二寸、三寸」と、約60cm以上の大きさであったので、1933(昭和8)年に公開されたアメリカ映画になぞえて「キングコング」と表したのであろう(映画のコングは約8m...)。ちなみに社史に紹介された新聞記事には、捕獲直後は摩耶遊園地内の「動物園」で公開したところ連日大賑わいになり、さらにこの人気からケーブル親会社の阪神電鉄の遊園地(阪神パーク)に「お目見得」させるであろうことを記している。サル一匹でここまでに至ったのは、おそらくはそれを騒ぎ立てた新聞記事そのものによるところが大きいと思われ、マスコミの影響力が当時も今と変わらないほどのレベルに達していたことを示している。この「コング」が阪神パークに本当に連れていかれたのか、社史はその後を記してはいないが、仮にそうであってもこのリーフレットの記載から、年末には摩耶山に戻されたと推測される。

# by nk8513 | 2007-07-18 17:07 | Comments(1)
2007年 05月 31日

摩耶観光ホテルについて13(資料10)

資料紹介10 『秋 観艦式拝艦之最好適地 大阪から阪神電車連絡往復割引1円 市バス共』まやケーブル(摩耶鋼索鉄道株式会社)、1936年秋

d0065273_12374091.jpg
秋 観艦式拝艦之最好適地1

 ケーブル会社により作成されたリーフレット。タイトルの通り、秋季用のものである。イラストには摩耶山温泉ホテルがススキの後ろに描かれ、その左端にケーブル摩耶駅とホテルへの渡り廊下が、背後の山に天上寺の建物が、それぞれ描かれている。また空は青、山は青から黒で彩色されており、全体的に暗い印象を受けるが、これは中の案内に「秋はまや山の観月」に記されるように、夜をイメージしたものと推測される。

d0065273_12375181.jpg
秋 観艦式拝艦之最好適地2

 このリーフレットは、以前紹介した2つより紙面が少なくコンパクトなものではるが、この時期に行われた2つのイベントを中心に紹介している。
 一つはタイトルにも示されている通り観艦式についてであり、本文中にも「壮烈無比特別大観艦式」「阪神沖特別大観艦式全艦隊只一望絶好の拝観場所」と写真入りで紹介されている。この観艦式は、以前に行われたものと思われる写真(1930(昭和5)年か34(昭和9)年)が掲載されている点や、後述する「みなとの祭」の記述等から、1936(昭和11)年10月29日に行われた「特別大観艦式」と考えられる。よってこのリーフレットは、『爽涼 夏ノ摩耶山 まやケーブル』(摩耶観光ホテルについて9参照)と同じ年の発行ということになろう。
 次に記されているのが、「みなとの祭 龍宮の出現」と題されたものである。この「みなとの祭」は、現在行われている神戸まつりの前身というべきイベントで、戦前は1933(昭和8)年秋から数年間行われていたようである。以下にあげたサイト等によると、同祭りでは「神事祭典、祭りの女王戴冠式、国際大行進、そして、花火大会に海上提灯行列」や「第一神港商業学校〜大開通り〜元町通り、トア・ロード〜大倉山のコースで展開された懐古行列」などが行われ、また「山も街も電飾されて不夜城となり(中略)人気の花電車・花バスが作られ、特に、客を乗せない花電車7両には、特別豪華な飾りがなされた」という。確かにリーフレットにも、「市内高層建築物、突堤、背山のイルミネーション、停泊巨船の満船飾。、突堤先端の花火海上に映じ優美壮麗恰も龍宮城の出現、驚嘆すべき壮大美観、光の港都脚下一望、見落す勿れ祭の夜景」と記され、さらに関連として摩耶山の眺めの良さが宣伝されている。
参考サイト
神戸「みなとの祭」:http://m-yousan.hp.infoseek.co.jp/room2-12.html(2010年9月時点で閉鎖)
絵葉書・神戸「みなとの祭」

d0065273_123885.jpg
秋 観艦式拝艦之最好適地3

 なお摩耶山温泉ホテルについては、以前紹介したガイドブックと同様の記述がなされており、特筆すべきものは見あたらないが、表紙のイラストにはホテルとともに、以前紹介した絵はがき(「摩耶温泉土産」:摩耶観光ホテルについて7参照)で確認できたカバーを施した渡り廊下も記されている。このホテルを東側から眺めた構図は、写真・イラストとも比較的数多くみられるが、ホテル開業当初のもの(摩耶観光ホテルについて4参照)では、渡り廊下を確認できない。これは廊下の完成が、1929(昭和 4)11月16日のホテル開業よりやや遅い1930(昭和 5)4月であったためで、それ以後に作成されたものとの際だった違いとなっている。
参考サイト
旅と建築と日常(摩耶観光ホテル):http://thoughts.exblog.jp/d2006-05-26

 ちなみにこの渡り廊下は、現在残されているケーブル駅からの連絡路とほぼ同じルートをたどっているが、絵はがき・イラストを改めて確認すると、一部に高床状になった部分が存在している。これは山の崖のような斜面という地形からすれば、極めて不安定なものであり、かつ風雨の影響も少なくなかったであろう。またその造りも木造であったと推測されることから、この廊下は比較的短期間のうちに傷んでいったとも考えられる。戦後のマヤカンの写真にそれが確認できないのには、こうした背景があったと思われる。

※補足(2009.10.09):ケーブル会社本社の表記が1936(昭和11)年2月以前の「箕岡通四丁目七四五」ではあるが、上記のことにより発行年は同年秋頃と考えられる。所在地が古い点については、所在地表記を変更した直後で混乱をさけるためか、あるいは以前に発行したリーフレットの原版をそのまま使用したためと推測される(摩耶観光ホテルについて18(資料15)、2009年10月参考)。

# by nk8513 | 2007-05-31 16:57 | Comments(5)