摩耶観光ホテルについて

nk8513.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 03月 16日

摩耶観光ホテルについて8(資料5)

資料紹介5
『春はまや山へ』まやケーブル(摩耶鋼索鉄道株式会社)、1937(昭和12)年〜39(昭和14)年の春頃

d0065273_1674495.jpg
春はまや山へ1


 ケーブル会社により作成されたリーフレット。タイトルから春季用のものと判断され、本文巻頭に「春は桜の名所花の摩耶山へ」とも記されている。ただし、この桜は「山上の楽園まや温泉は数千株の桜樹を移植し(中略)今や花の名所となりました」とあるように、新しくケーブル開通後に整備されたものである。六甲摩耶鉄道株式会社の社史(『六甲山とともに五十年』、1982)の年譜によれば、ケーブル開通の翌年1926(大正15)2月に「ケーブル遊園地200坪開拓 遊戯具設置、桜、楓、桃、梅等数百本を植樹」とあるので、ケーブル会社は当初より花見あるいは紅葉を摩耶山の観光資源の一つにしようと意図していたと推測される。

※補足(2009.10.09):当初、発行年は1935(昭和10)年春頃と漠然と推定したが、ケーブル会社本社の所在地が1936(昭和11)年2月以降の「箕岡通四丁目六」と表記されているので、早くとも1936(昭和11)年春以降になる。一方、発行が36年夏および秋頃と考えられるリーフレット(摩耶観光ホテルについて9(資料6)、2006年04月および13(資料10)、2007年05月参考)では、所在地が古い「箕岡通四丁目七四五」のまま表記されており、これらを総合すると、発行年は1937(昭和12)年〜39(昭和14)年の春頃と推定される(摩耶観光ホテルについて18(資料15)、2009年10月参考)。

d0065273_168160.jpg
春はまや山へ2


d0065273_1681662.jpg
まや山ホテル


 さて摩耶山温泉ホテルについては、以前紹介したガイドブックと同様に、「まや山温泉」(温泉の項目内に「余興場」)、「直営まや山食堂及ホテル」と同じ建物にあるにもかかわらず、項目を分けて紹介されている(写真・地図には「まや山ホテル」)。ホテルに関しては、宿泊・休息料金も記載されているが、 1935(昭和10)年頃のガイドブック(『近畿日帰りの行楽』大文館書店、1935)でも同じ価格で記載されている。また摩耶山周辺のハイキングコースが紹介されているが、ハイキング自体は1930年代半ばあたりから、新しい余暇として登場してきたものという(高岡裕之「戦争と健康」(『健康ブームを読み解く』青弓社)、2003)。これらのことから、このリーフレットもその頃に発行されたものと考えられる。

d0065273_1683076.jpg
春はまや山へ3

# by nk8513 | 2006-03-16 02:02 | Comments(0)
2005年 11月 01日

摩耶観光ホテルについて7(資料4)

資料紹介4
絵はがき集「摩耶温泉土産」(一部)など

 前述の通り、摩耶山温泉ホテルの営業期間は約15年間と、戦後の摩耶観光ホテルに比べ比較的長期にわたっていた。このため、昭和初期のガイドブック類や摩耶山の絵はがき等に、同ホテルの写真を数多く確認できる。しかし現在、作成者自身で収集したもののうち、ホテルを撮影したものは、先に紹介した「摩耶山案内」以外には、以下に紹介する1枚の絵はがきのみである。これは「摩耶温泉土産」と題された絵はがき集の中にあったものである。
d0065273_15522224.jpg
絵はがき1(神戸市摩耶山 まやホテル露臺ヨリ廻廊ヲ望ム)

 これは「まやホテル露臺ヨリ廻廊ヲ望ム」と記されており、ホテル4階部を撮影したものである(右側壁の向こうは余興場/大ホール)。同ホテルについては、以下のサイトに掲載されているように、正面からの撮影されたものばかりが紹介されているのみであり、その意味でこの絵はがきは、珍しいものと言えるかもしれない。なお、斜面にみえるのは、1930(昭和 5)年4月に完成したケーブル摩耶駅からホテルへ連絡する渡廊下と推定される。当時は通路全体にこのようなカバーを施していたことを確認できる。またこの渡廊下が完成していることから、「摩耶温泉土産」の発行年月は、これ以降ということになる。
 参考サイト:http://www006.upp.so-net.ne.jp/kamerajigoku/page028.html

 なお「摩耶温泉土産」には、他に5枚の絵はがきが同封されていたが、それらはすべて山麓を登るケーブルの風景を撮影したものであった。しかし、そのうちの2枚は、他のものとは装丁を異にしており、おそらくは後から補充(意図的?)されたものと判断される。また上記のようなホテルの絵はがきがあることからして、おそらく元々は、ホテル正面を撮影したようなものや摩耶山からの展望、温泉風景などを含んでいたものとも推測される。よってここで紹介するものは、「摩耶温泉土産」の一部である。
d0065273_15525099.jpg
カバー表紙

d0065273_1553182.jpg
絵はがき2(神戸市摩耶山 ケーブルカー山上停車場ヨリ神戸市ヲ望ム)

 この絵はがきの左中ほどに、ホテルの下部にあったベビーゴルフ場(2010年9月修正。一部資料に付近にローラースケート場が存在したとの記述があるが、他の資料(六甲ヒルトップギャラリー:http://hilltop-g.com/jyosetu/jy09.htmlからベビーゴルフ場と想定)とおぼしき施設が確認できる。


d0065273_15531461.jpg
絵はがき3(神戸市摩耶山 ケーブルカー急勾配ノ壮観)

d0065273_15535357.jpg
絵はがき4(神戸市摩耶山 トンネルヨリ山上停車場ヲ望ム)

 細かい話だが、どうもこの絵はがきは、写真のネガを表裏逆に印刷されたと考えられる。ここではケーブル線路の上部が右カーブとなっているが、他の写真ではすべて左カーブとなっている。


d0065273_1558622.jpg
絵はがきの裏面

以下に装丁の異なっていた2枚をあげておく。

d0065273_15542234.jpg
絵はがきA(神戸摩耶ケーブルカー急勾配の景)

 こちらは前出と異なる左カーブとなっていることを確認できる。


d0065273_1554329.jpg
絵はがきB(摂津摩耶ケーブルカー急勾配の景)

 この絵はがきの上部には、山上駅周辺の展望台および休息所とおぼしき建物を確認できる。


d0065273_15581590.jpg
絵はがきA・Bの裏面

 前出の絵はがき裏面と装丁が異なっていることを確認できる。

# by nk8513 | 2005-11-01 01:46 | Comments(0)
2005年 08月 22日

摩耶観光ホテルについて6(資料3)

資料紹介3
摩耶観光ホテルの案内など2


d0065273_14495477.jpg
摩耶観光ホテル時代の案内9(月刊「神戸っ子」23号、1963年2月1日)


d0065273_21423533.jpg
摩耶観光ホテル時代の案内10


d0065273_14533977.jpg
摩耶観光ホテル時代の案内11


d0065273_21435298.jpg
摩耶観光ホテルの封筒に描かれたロゴ1


d0065273_21441262.jpg
摩耶観光ホテルの封筒に描かれたロゴ2


d0065273_21443614.jpg
摩耶観光ホテルの封筒に描かれたロゴ3

# by nk8513 | 2005-08-22 21:52 | Comments(0)