摩耶観光ホテルについて

nk8513.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 07月 02日

摩耶観光ホテルについて50(資料47)

資料紹介47 絵はがき集「国立公園 摩耶山 NATIONAL PARK Maya」、奈良 岡村印刷工業、1950年代末~60年代初?
d0065273_21430879.jpg
表紙カバー表

 1950年代末から60年代初め頃に発行されたと思われる絵はがき集。発行元については、絵はがき裏の切手を貼る部分に「NARA OKAMURA PRINTING INDUSTRIES Co.」と記載されており、奈良県高取町にある岡村印刷工業だと思われる(後掲を参照)。マヤカンについては、ロープウェーの後景に確認されるが、摩耶観光ホテルとして再開された際に行われた増築部分は存在していない。よって、発行時期はともかく、絵はがきに使用された写真自体は、後述する状況も含めて1958年(昭和33)夏から60年(昭和35)夏頃にかけて撮影されたものと推定される。なお各絵はがきの状態から、これらは白黒写真に彩色をしたものと思われる。

d0065273_21444040.jpg
絵はがき1 国立公園 摩耶山 摩耶ケーブルカー National Park Mt.Maya The cable-car to Maya.

d0065273_21452372.jpg
絵はがき2 国立公園 摩耶山 摩耶山遊園地より神戸市と大阪湾を望む 
National Park Mt.Maya A view of Kobe City & Osaka Bay from the Maya (recreation) ground.

 ケーブル摩耶駅(現・虹の駅)西側にあった遊園地からみた眺め。海岸線は現在とは異なり、1960年代後半以降に埋め立てが行われる前の状態を確認できる。ただし、ここで注目されるのは、右の手前にある薄緑の構造物であろう。よく見ると、上部に人が乗れるような部分が2箇所あり、小型の観覧車のようなものであることがわかる。過去に何度も参照しているケーブル会社の社史『六甲山とともに五十年』(1982年(昭和57)発行)の「年譜」によれば、1958年(昭和33)7月15日に「まやケーブル遊園地に観覧車、チェンタワー等の遊戯具設備建設〈三洋遊戯機械㈱に委託経営〉」と記載されている。チェンタワーは、中心部の支柱部分が回転し、そこからチェーンでぶら下げられたブランコが回転する遊具機械であるので、ここに写っているのは、観覧車と思われる。この観覧車の存在から、今回の絵はがき集が、1958年夏以降に発行されたものと判断できる。なおチェンタワーはこの絵はがきからではわからないが、以前紹介した資料にそれらしきものを観覧車より東側で確認できる。
 絵はがきの表記にある「摩耶山遊園地」は、1925年(大正14)のケーブル開通以来、整備されたもので、食堂やテント村、小型の遊具や動物小屋、そして1929年(昭和4)には、マヤカンの原型をなす摩耶山温泉ホテルも、その中に建設された。第二次大戦によるケーブルの営業休止により、マヤカンも営業を中止したが、おそらく遊園地もそのまま放置され、しばらくは荒廃していたと思われる。それが、ケーブルの運転再開および奥摩耶ロープウェー開通の1955年(昭和30)以後に再整備され、食堂・休憩所・展望台・バンガロー村などが建設された。この状況は、戦前からの遊園地の再生という目的とともに、摩耶山頂部に整備された山上遊園地に対抗する意味合いもあったと考えられる。特に山上遊園地には、後述するマウントコースターやティーカップなどの大型遊具が設置されており、今回紹介した観覧車、チェンタワーの設置は、この3年後に摩耶観光ホテルとして再オープンしたマヤカンとともに、摩耶遊園地における中核となるべき遊具であったと推測される。ただし、これらは1970年以降の資料には確認されず、60年代末には撤去されたと思われる。マヤカン同様に短命であったのかもしれない。

d0065273_21461552.jpg
絵はがき3 国立公園 摩耶山 摩耶ロープウェー National Park Mt.Maya The rope-way to Maya.

 ロープウェー背後にマヤカンが確認できる。前述のように増築前の状態であり、撮影時期は摩耶観光ホテルとして再生する以前と判断できる。

d0065273_21471320.jpg
絵はがき4 国立公園 摩耶山 摩耶山上遊園地と展望台虹の懸橋 National Park Mt.Maya The Maya ground and observation atand.

 絵はがきの英語表記にある「atand」はstandの誤記と思われる(後掲の絵はがき裏面を参照)。

d0065273_21475941.jpg
絵はがき5 国立公園 摩耶山 摩耶山上遊園地 National Park Mt.Maya Recreation ground of the top of Maya.

 以前の絵はがき集等で登場したマウントコースターが確認できる。右側には、鉄骨で組んだコースのカーブ部分が、左側に「マウントコースター」と表記された乗降場と思しき建物等が確認される。山頂部の起伏をうまく利用した施設であったことが窺える。

d0065273_21482977.jpg
絵はがき6 国立公園 摩耶山 摩耶天上寺 National Park Mt.Maya A temple of Maya Tenjyo-tera.

d0065273_21485269.jpg
絵はがき7 国立公園 摩耶山 摩耶山よりの百万ドル夜景 National Park Mt.Maya A beautiful view from the top of Maya at night.

d0065273_21501093.jpg
絵はがき8 国立公園 摩耶山 奥摩耶放牧場 National Park Mt.Maya The pasture ground on Oku-maya.

 絵はがきのタイトルは「奥摩耶放牧場」となっているが、現在の六甲山牧場と思われる。

d0065273_21504553.jpg
表紙カバーの内側に記載された地図

 これとほぼ同一の地図が、以前紹介した絵はがき集にも記載されている(ただし、大丸神戸店で販売されていたと思われる表記があった)。その絵はがき集には発行元を示唆するものは確認できなかったが、この図から今回と同じ奈良の岡村印刷工業の発行とも考えられる。

d0065273_21513558.jpg
表紙カバー裏

d0065273_21521005.jpg
はがき裏面

 切手を貼る部分に菱形に岡村印刷工業と思われるアルファベット表記がある。また「2」と記載された菱形のマークは、同社の社章と思われる。


by nk8513 | 2018-07-02 21:58


     摩耶観光ホテルについて(目次) >>